お問い合わせフェイスブックTwitter
一般社団法人 日本アルミニウム協会
会員専用ページ English
文字サイズ
FIELDS OF APPLICATION 自動車

次世代のクルマ創りを支える環境金属アルミニウム

いま自動車開発の最大の課題はCO2排出量削減=燃費規制への対応です。

そのために、自動車メーカーはエンジンの燃費改善やパワートレーンの電動化を進行しています。

とはいえ、CO2排出量削減にもっとも効くのはやはり車体の「軽量化」です。

そこで注目されるのがアルミニウム。鉄の比重が7.8に対しアルミは2.7。アルミは「軽い」のです。

比強度(単位重量当たりの強度)が大きいアルミは軽くて「強い」素材でもあります。

加工性・耐食性が良く利用しやすいなど、アルミが持つ本来の特性も自動車にとって魅力的です。

エンジンブロックなど鋳物から始まった自動車への展開は、ボディパネルやシャシーなどさまざまな
部位に採用されて、自動車構造材料の中心的な役割さえ演じています。

アルミニウムに金属元素を添加することで、さまざまな特性をもつアルミ合金を創り出せます。

加えて、僅かなエネルギーで何度もリサイクルができる環境に優しい金属です。

アルミニウムは、素材製造、成形・接合・表面処理性などで一段と高度化を遂げています。

マルチマテリアル化のクルマ創りでも欠かせない素材になっていくでしょう。

一般社団法人 日本アルミニウム協会 自動車アルミ化委員会

pagetop