お問い合わせYoutubeフェイスブックTwitter
一般社団法人 日本アルミニウム協会
会員専用ページ English
文字サイズ
スクロールできます
  • 電気機器
  • 食料品
  • 化学
  • 日用品
  • 建設
  • 機械器具
  • たばこ
  • その他
アルミ箔の世界 HOME > アルミ箔の料理・実験・おもしろ活用法 >おもしろ活用法:アルミ箔、手作り万華鏡に舞う
  • MAアルミニウム株式会社
  • 東洋アルミ株式会社
  • 株式会社UACJ製箔

おもしろ活用法:アルミ箔、手作り万華鏡に舞う

ドライ式     オイル式
         

虫眼鏡をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。
   
虫眼鏡をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。
 
ご覧の映像は、手作り万華鏡を覗いたスコープの中のシーンです。
万華鏡は、日本にも昔からあるお馴染みの"ドライ式"といわれるものと、欧米で発達した"オイル式"の2種類に大別されます。
オイル式は、ガラスパイプに満たした透明のグリセリンの中に、飾りとなるいろいろなオブジェクトを入れ、パイプの向きを反転させることで、飾りがゆっくりと降下するのを万華鏡に映して楽しみます。
そんな2通りの万華鏡を手作りし、オブジェクトの中に各種のアルミ箔を、刻んだり丸めたりして混ぜてみました。余り重いものはオブジェクトに不適で、アルミ箔はちょうどほど良い重さなのです。結果、変幻自在のアートが鮮やかな小宇宙を見せてくれました。
 
万華鏡専門店「カレイドスコープ昔館」で販売しているキットを購入して、手作りしてみました。(本店の連絡先/TEL:03-3453-4415 )

上に戻る ↑
← 便利帳メニューへ戻る

pagetop