アルミニウムの歴史
アルミニウムの歴史

1782年 フランスの化学者 A.L. ラボワジェ
  明ばん石(ばん土、今日のアルミナ)は金属の酸化物である可能性が大きいという説を発表、これをアルミーヌ(Alumine〉と命名
1807年 イギリスの電気化学者 H.デービー
  明ばん石を電気化学的な方法で分離を試み、金属アルミニウムの存在を確認、アルミアム(Alumium)と命名
この後、呼称はアルミナム(Aluminum)、アルミニウム(Aluminium)と変わる(米国では現在でもアルミナムと呼ぶ)
1855年 フランスの化学者 H.E.SC.ドビル
  化学還元法によりアルミニウム製錬を開始
1886年 アメリカのC.M.ホール
  電解製錬法を発明
 
1886年 フランスのP.L.T.エルー
  ホールより数か月遅れて電解製錬法を発明
電解製錬法(ホール・エルー法)確立
1887年 オーストリアのK.Jバイヤー
  湿式アルカリ法によるアルミナ製造法を発明。これにより、ホール・エルー法とあわせて、現在のボーキサイトからアルミニウムまでの製造法が確立された。
1929年(昭和4年) アルマイト処理の発明(日本)
1934年(昭和9年) 日本でのアルミニウム製錬開始
1936年(昭和11年) 超々ジュラルミンを開発(日本)
1959年(昭和34年) レディメードアルミサッシ登場(日本)
1969年(昭和44年) 総需要100万トン突破(日本)
1971年(昭和46年) オールアルミ缶登場(日本)
1990年(平成2年) オールアルミボディ車「NSX」登場(日本)
1996年(平成8年) 総需要400万トン突破(日本)

 
 
 
copy right (C) 2004 JAPAN ALUMINIUM ASSOCIATION