高度成長期に躍進する
アルミニウム
日本経済はますます成長を続け、昭和30年代後半にはマイカー時代が訪れました。また東京オリンピックを契機に高速道路、新幹線などが開通し、日本は世界有数の工業国の地位を築き、そのすぐれた技術力は世界に認められるようになりました。これを反映し、アルミニウム需要も毎年二桁成長を続け、新たな用途も拓けました。

 
1964
1965
1966
●1964.2 高岡アルミニウム懇話会発足
●1964.2 日本カーテンウォール工業会設立
●1964 アルミ建築用品表面処理技術研究組合設立
●1965.5 軽金属研究会を改組し、軽金属学会発足
●1965.6 軽金属協会、アルミニウム建築研究会設立
●1965.10 アルミ製品開発振興会設立
●1966.11 軽金属学会、小山田記念賞を制定
●1964.11 住友軽金属工業、缶ビール上蓋のアルミ材国産化に成功
●1964.12 スカイアルミニウム設立
●1964 東洋アルミニウム、世界初のアルミ箔総合研究所を開設
●1964 栗山アルミ設立
●1964 富士アルミ管工業設立
●1965.6 三菱アルミニウム・富士製作所、全面竣工
●1965.9 住友軽金属工業、高速広幅熱間圧延機を設置
●1965 アルミニウム線材/東京アルミ線材の両社設立
●1966.8 昭和電工、昭和アルミニウム折半出資で昭和アルミパウダー設立
●1966.12 菱和金属工業設立
●1966 昭和電工、韓国へアルミ製錬プラントを輸出
●1964  東京モノレール、名古屋東山公園モノレールにアルミ車両採用
●1964 読売ランドにオールアルミ製ドーム完成
●1964 鎌倉由比ヶ浜海岸にアルミ製ガードレール登場
●1964 住宅公団でアルミサッシ使用
●1965  富士山頂にアルミ製レーダー登場
●1965 昭和基地にアルミ製雪上車登場
●1965 ビール会社がアルミを使用したプルトップ缶の採用開始
●1965 富士フイルムがわが国初の印刷用アルミPS版製造
●1965 住宅用引違いアルミサッシ(規格品)発売
●1966.3 電球用アルミ口開発
●1966.9 アルミ製温室登場
●1966.10 アルミ製海上コンテナー登場
●1966 アルミ枠玄関ドア発売
●1966 飲料缶にアルミ製缶ぶた登場
●1964.10 東海道新幹線開通
●1964.10 東京オリンピック開催
●1964 カー、クーラー、カラーテレビが「3C」(新3種の神器)と呼ばれる。
●1965 昭和40年不況        
●1965.7 名神高速道路開通
●1966.4 中国で文化大革命
●1966.7 日本原子力発電、営業運転開始
●1966 ミニスカート流行。ビートルズ来日公演

ここをクリックすると内容が表示されます。

 /  / 
copy right (C) 2002 JAPAN ALUMINIUM ASSOCIATION