高度成長期に躍進する
アルミニウム
日本経済はますます成長を続け、昭和30年代後半にはマイカー時代が訪れました。また東京オリンピックを契機に高速道路、新幹線などが開通し、日本は世界有数の工業国の地位を築き、そのすぐれた技術力は世界に認められるようになりました。これを反映し、アルミニウム需要も毎年二桁成長を続け、新たな用途も拓けました。

 
1961
1962
1963
●1961.1 軽金属問屋の全国組織、軽金属商協会設立
●1961.7 アルミニウム合金全国連合会発足
●1962.3 通産省産業構造調査会、アルミニウム小委員会発足
●1962.5 政府の非鉄金属輸出会議、アルミニウム部会を設置
●1962.5 軽金属協会、PR映画「世紀の金属アルミニウム」完成
●1962.5 軽金属ロール会、「軽金属圧延工業会」に改称
●1962.10 軽金属圧延工業会、軽金属商協会共催の第1回問屋店員技術研修会開催
●1962.11 軽金属溶接技術会設立
●1963.4 産業構造調査会、アルミニウム圧延小委員会発足
●1963.11 日本軽金属鋳物協同組合連合会設立
●1961.4 古河アルミニウム工業・小山工場完成
●1961.5 昭和アルミニウム・小山工場完成
●1961.6 アルミ地金輸入が自由化
●1961.7 サッシが指定統計品目となる。
●1961.8 住友化学工業、独自技術でアルミ新製錬法完成
●1961.10 サン・アルミニウム工業設立
●1961 加藤軽金属工業設立
●1961 吉田工業所、アルミサッシの生産を開始
●1962.1 三菱レイノルズアルミニウム(現・三菱アルミニウム)設立
●1962.4 昭和アルミニウム、カイザーの技術を導入
●1962.8 住友軽金属工業、アルキャンと技術提携
●1962.11 昭和電工・千葉工場、アルミ製錬操業開始
●1962 川崎車輌、初のオールアルミ合金製電車を完成
●1963.3 昭和アルミニウム、米・コーニアの技術を導入
●1963.4 神戸製鋼所、米・ノースロップの建材に関する技術提携
●1963.5 三菱化成直江津工場、アルミニウムの製造を開始
●1963.6 日本軽金属、米・フルハーフのトレーラー、バンボディ等の技術提携
●1963.8 住友軽金属工業、アルキャンの圧延加工に関する技術提携
●1963.11 スカイアルミニウム(昭和電工・八幡製鉄所・カイザー合弁)、通産省に設立許可を申請
●1961.4 アルミ製応急架設橋(北海道開発局発注)2基完成
●1961.4 国際見本市の日立館、アルミドーム構造で完成
●1961.6 わが国初のオールアルミ構造の「金慶橋」(兵庫県)竣工
●1961 片引きアルミサッシ(規格品)発売
●1961 アルミ製ハンドレールを「箱根バイパス」で初めて使用
●1962.3 犬山ラインに初のアルミ製跨座式モノレール完成
●1962.3 山陽電鉄に初のオールアルミ構造電車完成
●1962.10 アルミ合金製漁船完成
●1962 アルミバントラック登場
●1962 軽乗用車に初のアルミエンジン(水冷)搭載
●1963.3  東大構内にアルミ製跨道橋竣工
●1963.8 コンピューターの床材にアルミダイカスト採用
●1963 アルミ製パラボラアンテナ登場
●1961 子供の好きな物「巨人、大鵬、卵焼き」流行る。
●1962.7  国産旅客輸送機の「YS11」初飛行
●1963.11 ケネディ米国大統領暗殺
●1963 建築基準法改正により高さ制限緩和となり、ビルの高層化進む。

ここをクリックすると内容が表示されます。

 /  / 
copy right (C) 2002 JAPAN ALUMINIUM ASSOCIATION