大量消費時代と技術開発の進歩 1956(昭和31)年の「もはや戦後ではない」のことばに象徴されるように、日本は急速な経済成長を遂げ、多くの新製品が登場しました。とくに家電製品では白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫の「三種の神器」が一般家庭にいっせいに普及し、これにともない家電向けにアルミニウムの需要も増加しました。またアルミサッシの開発が進み、後に大きな建築向けアルミ需要を生み出すためのきっかけとなりました。

 
1958
1959
1960
●1958.4  アルミ圧延品の輸出価格協定を通産省認可
●1958.4 軽金属協会、自動車軽量化委員会を設置
●1958.5 圧延品輸出振興会設立
●1958.9 軽金属協会、独立研究機関としてマグネシウム委員会を設置
●1959.3  全日本軽金属鋳造協同組合設立
●1959.4 日本ダイカスト工業会、「(社)日本ダイカスト協会」に改組
●1959.5 (社)日本サッシュ協会、「(社)日本サッシ協会」に改称
●1958.11 大和金属工業設立
●1958 不二製作所、米国からアルミサッシの技術を導入
●1958 東洋アルミニウム、クッキングホイルおよび箔容器を発売
●1959.8  古河電気工業、アルコアとの共同出資により古河アルミニウム工業設立
●1959.8 住友軽金属工業設立(住友金属工業の非鉄部門独立)
●1959 アルミサッシの需要増え始める。
●1960.3 神戸製鋼所、アルキャンより圧延加工に関する技術を導入
●1960.6 三協アルミニウム工業設立
●1960.11 深江金属工業(現・アルミネ)設立
●1960   アルミサッシ、初のJIS規格A4703(引違い、上げ下げ)制定
●1958.1  アルミ製航空輸送用コンテナー登場
●1958 わが国初の家庭用はく登場
●1959.11 レディーメードアルミサッシ登場
●1959 カーテンウォール技術開発
●1959 わが国初のアルミ製バス完成(西日本鉄道)
●1959 冷蔵庫エバポレータ用ロールボンド製造
●1960 アルミ製カーエアコン本格生産
●1960.2  瀬戸内海観光汽船「くれない丸」の上部構造にアルミ使用
●1960.2 大阪交通局、アルミ製市営バスを採用
●1960.2 アルミ製照明用ポール登場
●1960 店舗用アルミフロント発売
●1958.11 東京タワー完成
●1959.1  メートル法実施
●1959.4 皇太子ご成婚      
●1959.9 伊勢湾台風で記録的被害
●1960.9  池田内閣、所得倍増計画を閣議決定
●1960 日米安保条約をめぐる騒動起こる。

ここをクリックすると内容が表示されます。

 /  / 
copy right (C) 2002 JAPAN ALUMINIUM ASSOCIATION