経済の復興とともに
成長を続けるアルミニウム
1950(昭和25)年に始まった朝鮮戦争の特需により日本経済の復興は加速し、自転車の普及、テレビ放送開始などに見られるように、私たちの生活は徐々に豊かさを増していきました。アルミニウムはこのころ、建材、船舶、車両などの分野で需要を伸ばし、業界団体による用途開拓や技術開発などの活動も始まりました。

 
1952
1953
1954
●1952.3 建設省、アルミサッシを乙種防火戸に認定
●1952.3 軽金属協会、チタニウム懇話会(後のチタン協会)を設置
●1953.5  日本非鉄金属輸出組合創立
●1954.3 全日本軽金属鋳造協同組合設立
●1954.5 (社)日本サッシュ協会設立
●1954.10 米国アルミ協会、アルミ合金展伸材規格の新呼称設定
●1952.5 開明伸銅設立
●1952.11 日本電線、アルミ電線工場建設
●1952 日本軽金属、アルキャンと資本提携
●1952 朝鮮戦争特需で、戦後初めて航空機用に7075合金合せ板製作
●1952 日本初のポートホール(中空押出)形材実用化
●1953.7 片木アルミニューム製作所設立
●1953.12 昭和電工、高田アルミニューム製作所の株式を過半数取得
●1954.1  古河電気工業・小山工場、米国から大型ダイカストマシンを導入
●1954.4 本多金属工業設立
●1954.5 住友化学、わが国初の99.99%高純度アルミを製造、米国へ輸出
●1954.8 国鉄大井工場、アルミニウムを内部構造に使用した新型電車を完成
●1952   わが国初の板曲げアルミサッシが日本相互銀行本店に使用
●1953.5  近鉄、電車(車両)内装材にアルミ使用
●1953 アルミ製の紡績用ボビン登場
●1953 牛乳の集乳缶をアルミ化
●1954.2  銀座松屋のエスカレーター踏み板などアルミダイカスト使用
●1954.3 海上保安庁巡視船艇「あらかぜ」がわが国初のオールアルミ製巡視艇として登場
●1954.9 仙台市にアルミアーケード完成
●1952 ナイロンストッキング流行
●1952.5 血のメーデー事件
●1953.9  NHK、東京テレビが本放送開始
●1954.8  第1回全日本自動車ショー開催

ここをクリックすると内容が表示されます。

 /  / 
copy right (C) 2002 JAPAN ALUMINIUM ASSOCIATION