HOME  板建材委員会の活動内容  建材用アルミニウム板材ご利用の手引き  カラーアルミ建材  カラーアルミ建材追跡調査データ


1.調査材料 (1)カラーアルミ
 アルミニウム合金板の表面に化成皮膜処理を施し、合成樹脂塗料をコイル塗装ラインで焼付塗装したプレコートメタルをカラーアルミといいます。普通は2回塗装、2回焼付けされています。
 1975年にJIS H4001「アルミニウムおよびアルミニウム合金の塗装板および条」としてJISに制定(2006年改正)されており、また不燃材料「NM-2561」、「NM-2562」、「NM-2563」、「NM-8597」および「NM-8598」として認定を取得しています。

(2)アルミニウム合金屋根材無塗装板
 アルミニウムの優れた耐食性を生かし、生地のままで使用されているアルミニウム屋根材です。


2.調査項目 (1)カラーアルミ
 表面の塗膜および基材の経年変化を、以下の項目について目視により調査しました。併せて施主から現在までのメンテナンス状況と、使用の感想を聴取しました。

 調査項目 1)割れ 2)はがれ 3)ふくれ 4)変退色 5)光沢 6)白亜化
7)腐食(加工部を含む)

(2)アルミニウム合金屋根材無塗装板
 カラーアルミと同じく目視により調査し、施主から感想を聴取しました。

 調査項目 1)光沢 2)腐食

3.調査結果

 次ページ以降に各物件の調査結果を紹介する。各物件ごとに示した「評価」は、以下の基準によります。なお前回までの調査結果も併せてご参考願います。

評価基準 内容
きわめて良好
わずかに変化あり
かなり変化
チョーキングにより塗膜が消滅
未調査、評価対象外


総 評
調査まとめ

(1)カラーアルミ

 今回は、耐候性の優れるふっ素系樹脂(ポリふっ化ビニリデン)塗料を主体に調査を行った。前回(2005年)の調査結果と比較して 最長28年を超えている物件でも ほとんど変化が認められず、期待した効果が得られている。前回までの調査で 施工後30年以上の屋根用途の物件でチョーキングにより塗膜が消滅しているものが数件確認された。しかし基材のアルミニウム合金の耐食性が良好なため、腐食は認められなかった。また、ふっ素系樹脂塗料以外の塗料系で25年近くたった物件では変退色、光沢低下、白亜化は経時とともに多少進行しているが、機能的欠陥は認められない。施主からの感想聴取の結果は、第6回までと同様に多大の評価を得ており、特に他の金属と比較してメンテナンスの手間がかから ないことが認識されている。

(2)アルミニウム合金屋根材無塗装板

 各物件とも、外観面でも機能面でもまだ長期間の使用に耐えうる、十分な耐久性、耐食性を持つことが実証されており、一宮競輪場では37年の実績が、甲子園の銀傘では22年の実績があります。



All rights reserved, Copyright(c) 2002 The Japan Aluminum Association