はじめに

自動車ボディのアルミ化は、日本国の内外を問わず、今後益々拡大する傾向にある。

自動車ボディへのアルミニウムの適応において、大きな課題に「接合技術」が上げられる。

アルミニウムの接合は、自動車業界がこれまで主に使用してきた鋼板の場合とは異なり、
特有な物理的および化学的性質に伴う、特有な工法や特別な技能を必要とする。

しかし、日本において、自動車向けのアルミニウムに関する接合技術や事例を一般的に
まとめた「接合マニュアル」は殆どない。一方、EAA(欧州アルミニウム協会)は web-page上に
自動車向け技術マニュアルを公開している。(自由閲覧できる。)

神戸製鋼所(アルミ・銅事業部門)は、上記 EAAの技術マニュアルの接合編を日本の自動車
関係の技術者にも活用していただくべく、日本語訳版を作成した。

謝辞

本マニュアルの原文(英語版)は EAA(欧州アルミニウム協会)とAA(米国アルミニウム協会)が
共同で作成したEAA Aluminium Auto motive Manual-Joining 2015(参照 web-page
http://european-aluminium.eu/resource-hub/aluminium-automotive-manual/)である。

本書は前出原文を基に神戸製鋼所(アルミ・銅事業部門)がその全文の翻訳および編集を行い、
日本語版を作成したものである。

EAAには、日本語版(翻訳)の作成へのご理解を賜り、厚く御礼を申し上げます。

EAA アルミニウム自動車マュアル - 接合編

 


一般社団法人日本アルミニウム協会 自動車アルミ化委員会 更新日:2017年3月30日