一覧

神戸ハーバーランド線エスカレーター設置建築工事

竣工年月 2010年12月
神戸ハーバーランド線地下道エスカレータ−
港町神戸の象徴として波のイメージを形造っています。
地下道出入口に4枚のろう付けアルミハニカムパネルで幅約10m×長さ約23mの屋根を構成しています。
鉄骨柱はSTK400φ216.3×5.8のV字型とし、それを連結する事により梁材が不要な構造としています。
屋根材はろう付けアルミハニカムパネルの121mm厚を使用し、中央で剛接ジョイントを用いる事により1枚当たり幅6m×長さ10mのパネルサイズを可能にしています。

構造物の概要

物件名
神戸ハーバーランド線エスカレーター設置建築工事
施工場所
兵庫県神戸市中央区東川崎1丁目
竣工
2010年12月
用途
地下道出入口上屋
規模
屋根面積 204u
構造形式
鉄骨・アルミ複合構造
アルミニウム設計・構造
(株)住軽日軽エンジニアリング
製作
(株)住軽日軽エンジニアリング
設計
神戸市都市計画総局技術部建築課
施工
藤原建設 (株)
構造概要
柱:STK400 φ216.3×5.8 屋根:ろう付けアルミハニカムパネル厚み121o
アルミ建築構造物