一覧

MUSE(ミューズ)たかつき(JR高槻駅北東地区区画整理事業)

竣工年月 2012年3月
MUSE(ミューズ)たかつき
JR高槻駅の北東地域の区画整理事業で誕生した商業施設、病院、学校、マンションなどが集合したMUSE(ミューズ)たかつき。このエントランスと位置付けられている“ミューズゲートブリッジ”に大小2つの大屋根と、延長100mに及ぶ通路屋根が設置されました。
このデッキはJR高槻駅と各施設を結ぶ延長600mのデッキの基点であり、「晴れた日はオープンな空間でさわやかな風を感じて欲しい」というデザイナーの願いから、通路部はあえて半分だけ屋根で覆うとともに、厚板2枚でできた柱を外に傾けて開放的な通路となるようデザインされています。
また、駅前デッキに接続する約120uの大屋根は、製作限界サイズのハニカムパネルを10枚使用した台形状の屋根で、圧倒的な存在感があり、まさに新たな町のゲートになっています。

構造物の概要

物件名
MUSE(ミューズ)たかつき(JR高槻駅北東地区区画整理事業)
施工場所
大阪市高槻市白梅町
竣工
2012年3月
用途
ペデストリアンデッキシェルター
規模
屋根面積 420u
構造形式
鉄骨構造
アルミニウム設計・構造
中央復権コンサルタンツ(株)
製作
(株)住軽日軽エンジニアリング
設計
大成建設(株)
施工
大成建設(株)
構造概要
柱・梁:SS400  屋根:シリコーン接着アルミハニカムパネルパネル厚 53mm
アルミ建築構造物