一覧

大田原赤十字病院

竣工年月 2012年4月
大田原市赤十字病院
大田原赤十字病院施設整備事業の一環として、構内に計画された歩行空間として大規模キャノピーが設置された。
正面口としてT字に計画された部位にはL=100m×W=8m、及びL=30m×W=9mのハニカムパネルキャノピーが配置され、駐車場からの動線計画として施設を利用する人々に十分な安心歩行空間として利用される。
また近くの動線内にはL=29m×W=7m、L=10m×W=4mの大小のハニカムパネルキャノピーが設置されている。いずれも鉄骨構造を最小限に配置しハニカムパネルの特徴である剛性を活かした設計となっている。

構造物の概要

物件名
大田原赤十字病院
施工場所
群馬県大田原市
竣工
2012年4月
用途
エントランスキャノピー・庇
規模
約1200u
構造形式
鉄骨構造
アルミニウム設計・構造
横河建築設計事務所
製作
(株)住軽日軽エンジニアリング
設計
横河建築設計事務所
施工
鹿島・那須土木・七浦特定建設工事共同企業体
構造概要
アルミハニカムパネルt=104
アルミ建築構造物