一覧

プール上屋「とこなつ」

竣工年月 不明
プール上屋「とこなつ」
開閉が自在な建築物で、盛夏には太陽光の下、光をたっぷり浴びながら、自然環境の中で遊泳できる。水泳可能な条件に満たない日、季節では室内プールとしての温室効果を生かし、遊泳を可能とし、プールの温水化との併用で大幅な利用日数の増加を実現しました。
アルミニウム合金は多湿環境下でも耐腐食性にすぐれ、丸みをおびた断面形状の押出型材は清潔で美しい室内環境を提供してくれます。

構造物の概要

物件名
プール上屋「とこなつ」
施工場所
新潟県五泉市
認定等
一般認定
竣工
不明
用途
屋内プール
規模
約1,400u、内可動部分:990u(スパン22mx建物長さ45m)
構造形式
アルミニウム合金可動式骨組膜構造(蛇腹式・収納庫格納型)
設計
総合:(有)加藤建築研究所、膜部分:太陽工業(株)一級建築事務所
施工
久保建設(株)
構造概要
アルミニウム合金押出型材 6063-T6
アルミ建築構造物