一覧

豊田市美術館・ろう付ハニカム製キャノピー(豊田市)

竣工年月 1995年11月
豊田市美術館・ろう付ハニカム製キャノピー(豊田市)
豊田市美術館は市の中心街を見下ろす高台に位置し、敷地の高低差を利用した設計となっている。設置されたキャノピーは美術館の3つの展示空間である常設展示室、企画展示室、高橋節郎館とエントランスを結ぶ歩行者の動線及び3つの展示空間のデザイン的な統合を意図している。
展示するための”建物”ではなく”環境”の創造を設計コンセプトとした。

写真提供:(株)住軽日軽エンジニアリング

構造物の概要

物件名
豊田市美術館・ろう付ハニカム製キャノピー(豊田市)
施工場所
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
竣工
1995年11月
用途
美術館
規模
延床面積:30,041.25u、階数:地上3階 地下2階
構造形式
アルミハニカム版構造
アルミニウム設計・構造
住友軽金属(株)
製作
住友軽金属(株)
設計
谷口建築設計研究所
施工
大成・太啓・伊藤建設共同企業体
構造概要
構造:ろう付けアルミハニカム版構造1、使用材料:ハニカムパネル BAS124P パネル厚100mm スパンドレル A6063T5、最大支持スパン:6.8m、片持ハネ出し寸法 :2.9m
アルミ建築構造物