一覧

万代常閑の里屋内温水プール棟

竣工年月 不明
万代常閑の里屋内温水プール棟
本建築物は、熊山町・吉井町・吉永町・佐伯町・和気町の一部事務組合により運営され、温泉施設のある宿泊研修センターを核とする「万代常閑の里」整備工事の一施設として、やすらぎと健康づくりの拠点としての役割を担う目的で建設された。
その一つである屋内温水プール棟の西面を構成している可動型ドームは日本建築センターの一般評定を経て、平成4年6月に建築基準法第38条に基づく大臣認定を取得した「マイティースポーツハウス」である。

構造物の概要

物件名
万代常閑の里屋内温水プール棟
施工場所
岡山県和気郡和気町
認定等
BCJ-S1314
竣工
不明
用途
屋内温水プール上屋
規模
高さ;7.4m 間口;27m 水平投影面積;200u
構造形式
可動型ドーム、面外方向;アルミニウム合金アーチ構造、面内方向;アルミニウム合金立体ラーメン構造
アルミニウム設計・構造
三菱地所(株)広島支店
製作
新日軽(株)
設計
新日軽(株)
施工
熊谷組(株)広島支店(上屋工事:川鉄商事(株)・新日軽(株))
構造概要
使用材料 フレーム材 :アルミニウム合金押出材 A6063ST5、戸車ー台座:アルミニウム合金鋳物 AC7A

資料

アルミ建築構造物