CAN TO CAN リサイクルとは、使用済みアルミ缶をふたたびアルミ飲料缶の材料として使用し、アルミ缶を製造することをいいます。アルミ缶は、分別して回収し、アルミ缶以外の異物を除去することにより、比較的簡単に元と同じアルミ缶にリサイクルすることが可能です。この「分別」を徹底することにより、スクラップ価値が高まり、より高価での売却が可能となります。

 

回収されたアルミ缶の内、再びアルミ缶の材料として使用される割合は高く、平成26年度は63.4%となっています。

アルミ缶再生利用フロー図



 


Copyright (C) 2002 JAPAN ALUMINIUM ASSOCIATION