フォーラム講演録

第6回「アルミニウムと健康」フォーラム
 
−生活習慣と認知症−
この講演録は2009年10月17日(土)、千代田区永田町・星陵会館で行われた講演会の内容を収録したものです。
 

主催者挨拶 (1,114KB) 

西山 貞雄  「アルミニウムと健康」連絡協議会

講演1 「生活習慣と認知症:オーバービュー」 (2,318KB) 

田平 武 順天堂大学大学院認知症診断・予防・治療学 教授

講演2 「日常の食事とアルミニウムの摂取」 (1,025KB) 

福島 正子 昭和女子大学大学院生活機構研究科 教授

講演3 
「生活習慣と認知症
-食事・運動・脳への刺激 年代に応じた予防戦略の違い-」
 (2,000KB) 

植木 彰 自治医科大学付属さいたま医療センター神経内科 教授

講演4 「インターバル速歩で体も心もどんと来い熟年!」 (1,143KB) 

能勢 博 信州大学大学院医学研究科・スポーツ医科学分野 教授

講演5 「認知症の診断と治療の実際」 (1,143KB) 

荒井 啓行 東北大学加齢医学研究所 脳科学研究部門老年医学研究分野 教授

質疑応答 (3,623KB) 


[参考] 「アルミニウムと健康」連絡協議会 (83KB) 



>>第2回フォーラム講演録(2000.03.22)
>>第3回フォーラム講演録(2002.04.12)
>>第4回フォーラム講演録(2004.11.19)
>>第5回フォーラム講演録(2007.04.21)
>>第6回フォーラム講演録(2009.10.17)
>>第7回フォーラム講演録(2012.11.10)
>>第8回フォーラム講演録(2015.11.14)