AL建活動紹介

平成30年度事業計画

事業方針

平成30 年度は、アルミニウム建築構造に関する技術的向上及びさらなる普及を重点課題と位置付け、企画運営委員会と技術委員会が連携し、積極的に取り組む。具体的には、企画運営委員会と技術委員会との合同委員会を開催し意見交換を行い情報の共有化を進める。
研究事業、審査認定事業、普及事業の三つの事業を中心として、アルミニウム建築構造の技術基盤の構築並びに普及促進を図る。

このページのトップへ戻る

主要事業

1.研究事業

(一社)日本アルミニウム協会が本年度に策定した2018 アルミニウム技術戦略ロードマップを踏まえ、企画運営委員会が中心となり下記事業を推進する。


  1. アルミニウム耐火性能向上材料の研究
    一昨年度の成果であるMA(メカニカルアローイング)+SPS(放電プラズマ焼結)法によるAL-Fe の高い耐火性能を有する合金について、引き続き大学と連携し、乾式粉体混合機+CIP(冷間等方圧加工法)等を使用した中型材料での性能確認・性能向上に取り組む。
  2. アルミニウム建築構造用材料標準化の検討
    アルミニウム建築構造用材料標準化WGでは、昨年度に引き続き、過去のアルミニウム建築に関する情報収集、形材接合部の強度検証など技術データの蓄積に取り組む。また、根本的な課題であるアルミニウム建築構造物の認知度向上のための対策について検討を行う。
  3. 技術サロン
    アルミニウム建築構造等に関する情報収集及び広報を目的として、上記の研究テーマに関する話題も含め、有識者による技術サロンを開催する。
    全ての会員を参加対象とし、積極的に参加できるよう広報活動する。

2. 審査認定事業
  1. アルミニウム建築造物製作管理技術者認定のための講習会を開催し、受講者に対して審査認定を行う。
  2. アルミニウム建築構造物製作工場及び接着アルミハニカムパネル製作工場の実態調査、審査認定を行う。

3. 普及支援事業
  1. アルミ建築構造の普及のための催事活動
    1. 年次講演会
      通常総会の開催に併せて、年次講演会を開催する。
      日時:平成30年6月6日(水) 15時50分〜17時10分
      場所:浜松町 東京會舘(世界貿易センタービル 39階)
      講師:安田幸一氏(東京工業大学教授、安田アトリエ主宰)
    2. 協議会表彰
      第6回協議会表彰は、アルミニウムのドームトラス第1号として平成3年に建設された「豊田市鞍ケ池植物園」とする。本件は、平成元年1月20日に個別認定を取得し、平成4年に一般認定を取得するきっかけとなり、アルミドーム工法の先駆けとなったものである。
    3. ユーザーへの問い合わせ対応、情報提供
      技術委員会と連携し、当協議会に寄せられるアルミニウム建築構造に関する意見、質問に回答するとともに、アルミニウム建築構造に関する認知度を把握し、普及のための情報発信、提供のあり方を検討する。
    4. アルミニウム建築実績見学会開催
      既設アルミニウム構造建築物の実態を掌握するため、適時委員を派遣し、情報の収集に努める。アルミニウム建築構造への興味と理解に繋げるため、見学会を開催する。
      日時:10 月中旬(予定)
    5. アルミ許容応力計算ソフトの公開
      一般構造設計者の支援と、アルミニウム建築構造設計規準・同解説の利用促進を目的としたソフト公開に必要な要件整理を行い、今年度中の公開を目指す。
  2. アルミニウム建築構造の普及のための情報発信・提供
    1. 機関誌「AL建」の発刊
      第46号 平成30年9月発行予定。A4判 約30頁 1,300部印刷
    2. ホームページの更新と充実
      機関誌「AL建」の記事と連動させ、アルミニウム建築構造物の施工実績等を紹介する。また、新規技術情報の紹介、各種イベントの案内や連絡、問合せ窓口対応、会員意見の収集等と、多機能な活用を図る。また、掲載内容についてホームページ見直しの準備を開始する。
    3. 疲労設計規準(案)の配布
      設計例題を中心に見直し、管理技術者講習会等において適宜配付することで広く意見を募り、ブラッシュアップを行う。
このページのトップへ戻る

運営組織

  1. 企画運営委員会
    企画運営委員会は理事会の代行決議機関として、技術委員会と協議を行ない、アルミニウム建築構造の技術基盤の構築と普及促進に向けた当協議会の事業全般にわたる諸活動を企画し、実行する。あわせて以下の分科会、WGの活動を行う。
    1. 耐火性能向上分科会
      (概要は研究事業参照)
    2. アルミニウム建築構造用材料標準化WG
      (概要は研究事業参照)
  2. 技術委員会
    企画運営委員会と連携をとりながら、資格審査部会及び技術部会を管轄し、審査認定事業の実施、行政及び指定評価機関、並びに設計者への対応、関連規準類の整備充実を推進する。
    1. 資格審査部会
      アルミニウム建築構造物製作管理技術者及びアルミニウム建築構造物製作工場、接着アルミハニカムパネル製作工場に関する審査認定事業を推進し、審査結果 に基づき認定を行う。
    2. 技術部会
      アルミニウム建築構造に関する建築基準法の告示改正等が行われた場合、設計規準分科会、薄板分科会、接合分科会において告示の検討、説明会の開催、並びに規準類改訂等を行い、迅速に対応する。なお、分科会は研究テーマに応じて適宜設置する。
このページのトップへ戻る

事業活動の推移

  平成29年度 平成30年度 平成31年度
(国の施策)      
アルミ建築構造に関する告示の公布      
構造技術基準(平成14年5月)      
改正建築基準法(平成19年6月)      
(協議会の主要事業)      
・理事会、総会
→6月
→6月
→6月
【研究事業(技術課題)】      
・耐火性向上についての研究
→12月→3月
→→→→→→
→→→→→→
・アルミニウム建築構造用材料標準化
→→→→→→
→→→→→→
→→→→→→
技術サロン
5→→9→→12月
→5→10→3月
→5→10→3月
・意見質問対応・情報発信
→→→→→→
→→→→→→
→→→→→→
【審査認定事業】      
・製作管理技術者認定のための講習会
→7月
→7月
→7月
・接着関連管理担当者のための講習会    
10月
・製作工場審査認定
11月〜
11月〜
11月〜
・行政、性能評価機関の対応等
→→→→→→
→→→→→→
→→→→→→
【普及支援事業(イベント)】      
・年次講演会
→6月
→6月
→6月
・協議会表彰
→6月
→6月
→6月
・アルミ用途開発講演会
 11月
 11月
・アルミ建築構造見学会/工場見学
→→→10月
→→→10月
→→→10月
【普及支援事業(ツール)】      
・機関誌「AL建」発刊
9月
9月
9月
・ ホームページの更新
→→→→→→
→→→→→→
→→→→→→
・「アルミニウム建築構造設計規準・同解説」改訂版発行
(H28.3)
   
・アルミ建築構造疲労設計(案)配付
→→→→→→
→→→→→→
→→→→→→
・ 「設計規準・同解説」改訂版説明会
1月
   
・アルミニウム建築構造製作施工要領の改訂版発行(M12 溶融亜鉛めっき高力ボルト対応アルミ接合部施工マニュアルの整備)
(H28.6)
   
・接着ハニカムパネル設計・製作マニュアル作成
→→→10月
   
このページのトップへ戻る
AL建活動紹介